第16回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージを観戦(?)してきました

Bikeguy管理人ヒサユキです。昨日はツアー・オブ・ジャパン(以下「TOJ」)の第一戦、堺ステージを観戦するべく、足を運びました。 130519_103424130519_101950130519_101956 普段から毎日通勤途中に通る大仙公園の外周がコースとあって、勝手知ったる場所ですが、この時ばかりは雰囲気が違います。10時頃、会場に着いて、各チームの待機場所を覗くと有名選手があちこちに。 ナショナルチャンピオンジャージの土井選手や、(選手じゃありませんが)談笑する片山右京さんと栗村監督の姿も。 「ジャージの色がどうみてもウチ(宇都宮ブリッツェン)のカラーだし、土井ちゃん貸してよ」と、栗村監督が言ってたかどうかは、定かではありませんが。
130519_101736130519_103850 会場では、トークショーや地元の小学生の一輪車の演技などが披露され、自転車に詳しくない人も楽しめるように工夫されていました。大仙公園の一角にある、自転車博物館サイクルセンターも無料開放されていました。 VINI FANTINI-SELLE ITALIAチームの選手やスタッフも、一輪車の演技を見てますね。
130519_111612130519_112312 そうこうするうちに、堺国際クリテリウムが11:15にスタート。本番に先立ち、TOJ出場選手により行われるエキシビジョンレースです。TOJ本番が一周だけの個人TTなので、より派手なマスドロード形式のレースを行うのでしょう。 本番前に疲れきるような全力疾走をすることも無いのでしょうが、それでもトップクラスの選手の戦いは迫力満点。あっといまに通りすぎる集団に、一般の観戦者も驚いていました。
130519_112530130519_113638 解説は元シマノ監督の今西さんと、日本人戦後初のツール出場者今中さんの「今×2」コンビ。 しかし、ランプレのピンクジャージと、VINI FANTINI-SELLE ITALIAのイエロージャージは目立ってました。 130519_114002130519_114718 堺国際クリテリウムは2.7kmのコースを10周し、正午前にゴールしました。その直後に雨が降り出し、自転車だったので慌てて引き上げました。 残念ながら、その後のJ.B.C.FクリテリウムやTOJ本番は見ることができず、中途半端な観戦となりましたが、今年も一流選手たちの走りを拝むことができたので、良しとしましょう。

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第16回 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージを観戦(?)してきました
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

デジタルカタログ

カタログVol.20←クリック!
別ウインドウで開く場合はここをクリック!

注文書(販売店様用)

注文書No.18←クリック!
パソコンに保存してから印刷してお使いください
別ウインドウで開く場合はここをクリック!

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player