熱中症対策!

 Bikeguy管理人トクチです。全国的にも徐々に梅雨明けが始まると同時に猛暑が続いておりますが、先日山梨県甲州市で早くも39.1度という最高気温が報じられていました。体が暑さに慣れる前に猛暑日が来ると熱中症が起こり易いとニュースで報道しておりましたが、病院へ搬送されている方も多いとの事ですので、無理をせず自己管理をしっかり行わないといけない時期に入りました。
 通勤通学・サイクリング・トレーニング等、自転車を乗られる皆様も体調管理・水分補給には気を配られていると思いますが、今回は一般的な情報になりますが熱中症対策について書かせて頂きます。

 熱中症になる前の対処法としては、・帽子、日傘の使用 ・服装の注意 ・日陰やクーラーを使い我慢しすぎない ・水分、塩分をこまめに摂取 などと、当たり前の事ですがなかなかできないケースが起きてしまいます。一番の対処法としては危機意識をしっかりと持ち、仕事や運動、生活の中で無理をしない事だと思います。皆様も体調管理にはお気を付け下さい。
3e0cbf92bf76b8cfc5fe2df5d1b48fbef1ecfe3b1373168064 自転車やスポーツをされる方ですとスポーツ飲料水を飲まれている方も多いと思いますが、製品によっては糖分が多い物もあり、水で薄めて飲んだ方が喉の渇きにも良いです。もちろんその時の症状や状況、製品によっても変わってきますので一概に薄めた方が良いとは言えませんが、飲まれている製品で検索すると色々な意見が見られるので是非調べてみてください。
CA5_3B01 自転車での水分補給には今月下旬発売予定の「ステンレスサーモボトル クール&ホット500E 」で暑い夏を乗り切りましょう^^ 高い保冷・保温力がありますので、自転車以外でももちろん活躍します!

この記事を書いた人

トクチ
担当:営業
スポーツ経験は中学生の時にバスケットボール、高校生では空手、現在ではテニスをやっております。自転車に関しましては自転車歴と言える程の経験は無く、クロスバイクに乗り始めてまだ3年程です。これからたくさん自転車の楽しさを体験していこうとおもいます^^
ユニコでは営業として活動しております。まだまだ知識不足な所もありますので、日々勉強しながら自転車の知識・楽しさを学んでいきます。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 熱中症対策!
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player