ヒルクライムレース直前の過ごし方 ~トレーニング・食事~

130828_053940 Bikeguy管理人ヒサユキです。台風が心配ですが、ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)まであと3日となりました。

 昨日の朝は最後の峠トレーニングに出ましたが、かなり涼しく、日が昇るのが遅くなって、秋の訪れを感じました。決戦仕様の軽量化のおかげか、涼しい気温のおかげか、先週よりタイムを短縮することができました。

 とは言え、本当は本番の4日前に全力アタックをするのはNG。先週末が雨で自転車に乗れませんでしたし、迫る本番に気が焦ってついつい追い込んでしまいました。雑誌等の記事を読んでも、レースの一週間前からは強度の高いトレーニングを控え、疲労を取り去ってコンディションを整えるのがセオリーのようです。

 一週間前からは、身体を鈍らさない程度の軽めのトレーニングにするか、完全休養を薦めている指導者もいます。私のように焦って追い込むのは最悪の事例ということで反面教師にして下さい(^_^;)。

 今年、オッと思ったのはサイクルスポーツ.jpの記事「日向涼子と強くなる!ラスト1週間!」。レース前日は「移動で足が凝り固まってしまうので軽く回しておいたほうがいい」との記述に、なるほどと思いました。もちろん、疲れを残さないように「軽く」ということですが、休めるばかりでなく身体をほぐすことも意味があるということでしょう。

 「ヒルクライムレースは他のレースに比べて時間が短いので、炭水化物(糖質)を意識するのは前日と当日くらい」という記述にも、ドキッ! 私のように、カーボローディングと称して何日も前からバカ食いするのは、これまたNGということで(汗)。

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ヒルクライムレース直前の過ごし方 ~トレーニング・食事~
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード

X

The slider specified (ID #-1) could not be found.


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player