関西シクロクロス堺ステージを観戦してきました

140119_123506 Bikeguy管理人ヒサユキです。毎年のことながら、1月19日に開催された関西シクロクロスみなと堺グリーン広場を観戦してきました。

140119_124646 時間的な都合でお昼前後のごく一部のカテゴリーしか見られなかったんですが、シクロクロスは乗車、押し、担ぎと変化が激しいことに加え、コースロープの先数十センチメートルを選手が過ぎていく迫力に魅了されています。

140119_125152 特に、トッププロも加わるカテゴリー1はさすがに見応えがありました。横山航太選手(篠ノ井高校)が、前走者に巻き込まれて砂場で転倒しながらも、すかさずリカバリーしてカテゴリー優勝しました。

140119_134612140119_131746 上級者ほど乗り降りが素早く、押し担ぎをためらいません。その流れるような動作は、腰の悪い私にはどうやってもマネできそうにありません(^_^;)。

 カテゴリー1の2位は中原義貴選手(キャノンデール)。3位は畑中勇介選手(シマノレーシング)。

140119_134540  畑中選手の奥さんであり、サイクルライフナビゲーターの絹代さんも、赤ちゃんを抱っこして観戦していました。畑中選手は、奥さんと娘さんの前で頑張りましたね。欲を言えば優勝したかったところでしょうか?

140119_134902 シクロクロスは上級者のためだけのものではなく、年代や能力によっていくつものカテゴリーに分かれており、子供から大人まで、初心者から上級者までそれぞれの楽しみ方できます。興味のある自転車愛好家の方は、ぜひ一度観戦されることをオススメします。きっと出場したくなりますよ。

 正式な記録になるのは小学生からですが、関西シクロクロスには未就学児が出場できるランバイクのカテゴリーもあります。会場内にはランバイク用のミニコースも設けられ、シケインを飛び越えたりしながらコースをクルクル回っている子どもたちは、可愛すぎました。

 

詳しくは個人ブログでレポートしています。


この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 関西シクロクロス堺ステージを観戦してきました
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード

X


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player