自転車の施錠・走行中のルール

pictogram221_2Lock最近夜の炭水化物をあまり取らない様にしているBikeguy管理人トクチです。暑かったり雨が降ってジメジメしたり安定しない季節ですが、休日は車を使わず自転車移動!という自分の中の取り決めにも慣れてきましたが、自転車移動にしてから気付く事が何点かありました。

まずは施錠です。最近は自転車の施錠について各地でキャンペーンや運動が行われていますが、コンビニで買い物する時など鍵をかけずに自転車から離れる人を何人か目にしました。昼間で明るくて人も多く、少しだけだからと安心してそのまま買い物しているのだと思いますが、何食わぬ顔で知らない人が自転車に乗っていってしまっても周りの人は気付かないですし、本人が気付いて慌てて追いかけても間に合わないので逃げられてしまいます。。少しの油断で大切な自転車がなくなり、その日の予定も今後の楽しみも奪われかねません。

確かにほんの数分、早い時は1~2分で用事が済むのに鍵をするのは面倒ですが、数秒の手間を怠って最悪のケースになってしまう事もあるのでしっかりと意識を持ち、自転車から離れる際は少しの時間でも施錠を欠かさない様にしないといけません。

もう一つがイヤホンです。現在は多くの人がスマホを持っていたり、ipod等の音楽プレーヤーも小さい物が多いので移動中にも気軽に音楽が聞けたり、ハンズフリーで電話ができたりとイヤホンを付けたまま色々な事が出来る環境が整っています。そんな事もあり付けたまま走っている人をよく見かけますが、イヤホンを付けたままの走行は禁止されています。なにより危ないので走行中は絶対に外して走行しないといけません。
単純に耳栓をしながら走っているよりも多くの情報を聞き取れなくなっているので、後ろからの車や交差点での歩行者・自転車・自動車…挙げるときりが無いですが様々な危険が増します。電話をしていると、音以外にも意識が会話に集中するので更に危なくなります。

普段自動車からは気付きにくかった部分、、、と言うよりも、自転車に乗る時間が増えた事により、上記の様な2つの状況を目にする機会が増え、思っていたよりその人口が多い事に改めて実感しました。私自身も気を引き締めて自分にとっても周りの方にとっても楽しい自転車ライフを過ごしたいと思います^^

img_0

この記事を書いた人

トクチ
担当:営業
スポーツ経験は中学生の時にバスケットボール、高校生では空手、現在ではテニスをやっております。自転車に関しましては自転車歴と言える程の経験は無く、クロスバイクに乗り始めてまだ3年程です。これからたくさん自転車の楽しさを体験していこうとおもいます^^
ユニコでは営業として活動しております。まだまだ知識不足な所もありますので、日々勉強しながら自転車の知識・楽しさを学んでいきます。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自転車の施錠・走行中のルール
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player