週末トレーニングコース [鍋谷峠]

 Bikeguy管理人ヒサユキです。土曜日のトレーニングは雨雲が迫っていたので、 手近な鍋谷峠1本のみでした。 130615_082036 鍋谷峠は標高670m。交通量が少なく、傾斜も適当なため、有名ロードチームもトレーニングコースにしている、南大阪でもメジャーなヒルクライムルートのひとつです。道が狭く、木立の中で暗い部分が多いのですが、逆に言うと夏は涼しくて助かります。 130615_082620 土曜は早朝にも関わらず、上り何人も抜きつ抜かれつ。峠で休憩している間にも、次々自転車が上がって来ました。往復のルート上でも何人もの自転車と行き会いました。 上り足りない方は、峠の分岐を東進すると激坂が待ち構えています。三国山まで上ればさらに標高885mまで上り着きます(今回、私は行きませんでしたが)。 130615_085314 帰路は、府道226号線と228号線をつなぐ新道を通って帰りました。小川大野トンネルをピークとするちょっとした上りはありますが、全線2車線の幅広い道で、交通量が少ない快適なサイクリングコースです。景観もよく、山道初心者を連れて行くには格好のルートでしょう。 詳しくは個人ブログでレポートしています

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末トレーニングコース [鍋谷峠]
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player