週末トレーニングコース [滝谷ダム-蔵王峠-鍋谷峠]

 Bikeguy管理人ヒサユキです。土曜は、滝谷ダムから蔵王峠を越えて和歌山県に入り、鍋谷峠を上り返して帰ってきました。

 河内長野方面から滝谷ダムへ至る車道は、私の知る限り4つあるのですが、1つ目の関西サイクルスポーツセンターの前を通るルートが道が広く、車でのメインルートです。ただ、センターに至る区間の傾斜は相当のもので、「(一般の人は)関西サイクルスポーツセンターに、自転車では行けない」という都市伝説を生むほどです。2つ目の塩降トンネルをくぐる府道61号線は一部ダートがあり、3つ目の府道221号線や天見駅方面から岩湧寺を経由してたどり着くルートも荒れた路面ととんでもない激坂。

130706_075602 そんな訳で、MTBや自虐的に脚を鍛えたい方以外は、4つ目の府道218号線で上ることをオススメします。車が少ないので走りやすいですし、石川を見下ろす絶景も拝めます。このルートも最後にダムを上る激坂がありますが、距離は短いので上りが苦手な方は押して下さい。少なくとも、他のルートよりはずっとマシです(^_^;)。

130706_081122 滝谷ダムは家族連れがたくさん訪れる観光地ですが、自転車ならダム湖を一周することもできる(車は不可)ので、超初心者のカーサイクリングにもオススメです。土曜は強烈な南風で苦労しましたが、平坦なので普段は走りやすいルートです。

130706_083758 ダム湖を遡ると、鱒釣場やキャンプ場がある渓流沿いを経て、蔵王峠への峠道が始まります。コンクリート舗装の激坂が続いた後に、トドメのような石畳の壁坂が現れ、気分は春のクラシック。

130706_084618 その後は傾斜は落ち着きますが、路面は土砂や木の枝、落ち葉で荒れており、水が流れていることも多いです。横を流れる渓流は涼しげですが、ロードバイクにオススメできるルートではありません(私はちょくちょく通ってますが)。

130706_090059130706_094230 蔵王峠は府県境ですが、ここからは展望は開けません。和歌山側に少し下ると絶景ですが、今回は峠の分岐から西方へ。堀越観音を経てR480方面に抜けるルートは、ところどころ絶景も拝め、晩秋には串柿が美しいのでオススメ。ただし、路面が荒れた箇所もあり、傾斜はなかなか厳しいです。

130706_103534 後は鍋谷峠を越えて帰宅しました。行きは向かい風で雲も多かったんですが、帰路は当然追い風で天候も回復。すっかり夏の空でした。関西もまもなく梅雨明けでしょう。

■詳しくは個人ブログでレポートしています

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末トレーニングコース [滝谷ダム-蔵王峠-鍋谷峠]
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player