週末ツーリングコース [西高野街道・紀見峠]

 Bikeguy管理人ヒサユキです。日曜に上り坂初心者のために「峠入門ライド」と銘打ったイベントを実施しました。

131006_090554 お陰様で近隣のサイクルショップの常連さんや、ネット上の自転車コミュニティのメンバーなど、下は18歳から上は76歳まで老若男女16人にご参加いただき、ワイワイと紀見峠に上って来ました。

 

131006_092718 以前もご紹介しましたが、堺市中心部からは西高野街道を通って行くと交通量の多い道をほとんど通らずに河内長野まで行くことができます。

131006_104123 そして、河内長野からは単線時代の南海高野線の軌道後に作られた遊歩道を上ります。ここは、車が通らず、傾斜もゆるいので初心者や子供でも安心して上らせることができます。

 遊歩道の終点からは少しだけ国道を通りますが、旧道との分岐まではわずか数百メートル。歩道があるので、危険を避けるためにこちらを通行する事もできるでしょう。

131006_113213そして旧道に入れば交通量はほぼ皆無。やや傾斜は厳しくなりますが、峠までは2kmもありませんので、全部押しても30~40分もあれば到着するでしょう。

131006_113754 残念ながら峠からの眺望は開けませんが、高野街道の要所だけあって、風情のある家並みが峠の上(旧道の旧道)に残されています。少し和歌山側に下れば柱本の田園風景が拝めるのですが、今回は峠でUターン。近辺の峠の中では最も難易度が低く、大阪府を脱出するルートにもオススメです。ただし、帰路に使うと和歌山側は裏道がなく、特に午後は多くの車に追われる展開になります。往路に使って、他の峠で帰阪する方が快適でしょう。

131006_130811 帰路は西高野街道の旧跡をいくつか見物。街道沿いでは来週の本番に備えて準備や練習をしているだんじりもあちこちで見かけました。

131006_141126 時間に余裕があったので、ちょっと寄り道。日本最古の人造ダム、狭山池にも立ち寄りました。堤防上からは大阪市内のビル群から、南大阪の山々や峠まではっきり見渡すことができました。

 裏道でもスイスイ走れ、一方通行も関係なく、止まりたい時に止まれる自転車は、旧跡めぐりにもピッタリです。

詳しくは個人ブログでレポートしています。

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末ツーリングコース [西高野街道・紀見峠]
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player