週末トレーニングコース [ぶどう坂]

 Bikeguy管理人ヒサユキです。週末は天候が優れなかったので、雨雲の合間を縫って花見ライド・・・のはずが、大和川土手を走っていると真正面に「ぶどう坂」が見えてきました。結局、久々にここを上るヒルクライムトレーニングになってしまいました(^_^;)。

140406_071115 大阪のヒルクライム入門コースの定番中の定番で、自転車乗りの間では「ぶどう坂」と呼ばれます。これは正式名称ではなく、ぶどう畑の立ち並ぶ中を上っていくことから生まれた通称のようです。

140406_072638 タイムアタックの対象としては、大県南交差点から信貴変電所までの3.8km(標高差290m)を計測するのが一般的なようです。全体の傾斜は7.4%ですが、部分的に15%を超える激坂区間もあります。平地から見上げると、タイトターンを繰り返しながら山肌をグイグイ上る道には、かなりインパクトが有ります。

140406_075037 距離が短い割に走り応えがあることと、上る途中の眺望が素晴らしいことから達成感が高く、坂に興味を持った初心者を連れて行くのは格好のロケーションです。ただし、二車線道路でそれなりに交通量が多く、行楽シーズンに本当の初心者を連れて行くなら注意が必要です。

 変電所の先もアップダウンを続けながら道は続きますので、脚に余裕のある方は農業公園信貴山のどか村や信貴山朝護孫子寺などに足を伸ばすのもよいでしょう。今回は雨雲が近づいてきたので、早々に山を下りましたが、それでも上りとは違うルートで下ってみました。近辺にはさらに傾斜のきつい激坂がいくつかありますので、そのうちご紹介できればと思っています。

140406_090417 山を降りたところで雨が降り出しましたが、雨宿りを繰り返して何とか本降りの中を走らずに帰宅できました。桜の名所である道明寺天満宮でも、雨宿り。盛りを過ぎながらも見事な桜を拝んできました。晴れていればもっと見事だったんでしょうね。

詳しくは個人ブログでレポートしています。

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末トレーニングコース [ぶどう坂]
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player