週末トレーニングコース [風吹峠]

 Bikeguy管理人ヒサユキです。このところツーリングイベントが続いていましたが、先週末は久々に友人との午前中トレーニングライドに戻りました。

 体調がもう一つなので、コースは 成り行き任せ 臨機応変に。山沿いを適当にジグザグと西進し、久々に大阪府道(和歌山県道)63号線風吹峠に上ってみました。

 以前、和歌山側から超えた時は、通行量が多く、砕石場のダンプカーも走る埃っぽさに閉口し、何年も敬遠していました。最近、かなり整備されたとの話を聞いて、試しに覗いてみることにしました。

140517_083513 ところが、バイパスを上り始めてすぐの金熊寺1号トンネルは自転車通行禁止。いきなり出鼻を挫かれましたが、少し戻って旧道を上ると川沿いの静かな道で気持ちのいい区間でした。そう言えば、以前もこちらを通ったような気がします(逆方向ですが)。

140517_084040 残念ながら、気持ちのいい旧道区間はすぐに終わり、交通量の多いバイパスに合流。この後は次々通る車に追われながらの上りでしたが、傾斜が緩いのでふらつくこともなく、さほど恐怖感はありません。

 ほとんどの区間で広い歩道が整備されており、歩道のない区間は旧道に迂回することもできます。旧道への分岐がちょっと分かりにくいですが、ルートを確認しながらのんびり上るなら、意外と初心者向けと言えるかもしれません。

140517_085154 今回は時間の都合で、ピークの新風吹トンネルの入り口で引き返しました。トンネル内にも広い歩道が整備されており、近隣の方によると和歌山側はすでに整備工事が終了して通行しやすくなっているそうです。大阪側もかなり工事が進んでおり、いずれは金熊寺1号トンネル以外、迂回の必要がなくなると思われます。

 特に大阪側は傾斜もゆるく、標高も200m程度と低いので、初心者でも挑戦しやすい峠と言えます。埃っぽさと排気ガスは相変わらずですが、和歌山に抜けるルートのひとつとして再注目しました。

140517_090755 余談ですが、峠直下の道の駅根来さくらの里で、桜餅を食べました。こういうのも遠出の楽しみです。

 季節らしく、友人は卯の花も購入。・・・えっ、ウツギの花とおからは違うって?

詳しくは個人ブログでレポートしています。

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末トレーニングコース [風吹峠]
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player