だんじり祭りポタリング [堺市内9地区巡り]

 Bikeguy管理人ヒサユキです。久々にコースガイドというか、自転車の活用方法のご提案です。

 各地で秋祭りのシーズンだと思いますが、10/4~10/5は当地堺でも十数箇所でだんじり(地車)祭が開かれました。

141004_091434_016 「だんじり」というと、もう一人のBikeguy管理人トクチの地元岸和田が全国的に有名ですが、近畿地方を中心に各地にだんじり祭があり、中でも大阪南部の泉州地区は岸和田に負けじと熱い走りを見せてくれます。

141004_135518_066 開催場所は駅の近くばかりではなく、断続的に交通規制も行われます。地区によってはだんじり曳行コースやスケジュールも事前に調べるのは難しいことから、自家用車やバスで移動すると、立ち往生や待ちぼうけが予想されます。

 そこで、今回は自転車で各地区を回ってみました。お陰で9つもの祭りを回ることができました。祭り巡りには、交通規制の影響を受けにくく、歩くよりずっと早い自転車が最適です。

141004_141112_075 合計100台以上のだんじりを見たと思いますが、いずれも何ヶ月も練習を重ねた「やりまわし(高速ターン)」を始め、素晴らしい走りでした。

 伝統の中にも各地区で新しい試みをしており、大型クラッカーを打ち上げたり、スピーカーでお囃子を流したり、意気込みを垂れ幕でアピールしたりと、ユニークなだんじりが多数。

141004_144212_085 移動の途中ではユニークなかかしが立った田んぼも見かけ、ベッドタウン化した泉北ニュータウンも、元々は農村地帯だったことを感じさせました。秋祭りは、本来収穫を祝う豊年祭ですからね。道すがらも楽しめるのが自転車の良い所です。

danjiri 夜のだんじりは提灯を灯し、昼の勇壮さとは違った艶やかな姿を見せてくれます。バッテリーなどを積んで重量を増した夜装備のだんじりでのやりまわしは岸和田ですら避けていますが、私の住む深井地区は提灯を揺らしながらのやりまわしを豪快に決めてくれます。皆さんの地元にも自慢の祭りがありますか?

詳しくは個人ブログでレポートしています。

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - だんじり祭りポタリング [堺市内9地区巡り]
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player