スマホの防水対策

130608_055930 Bikeguy管理人ヒサユキです。今日はスマートフォン(スマホ)の防水対策について。

 私はB.free スマホルダーにiPhoneを装着して、走行ログやナビに活用しています。ただし、スマホは水が大敵。夏場はにわか雨やこぼれたドリンク、そして峠でアタックすると滴り落ちる汗がスマホを襲います。

 スマホルダーを使う前には防水構造のホルダーを使用したりしましたが、画面が見にくかったり、タッチパネルの反応が鈍くなってイライラさせられました。挙げ句の果てに、炎天下で熱がこもり異常動作する始末・・・。やはりスマホが露出するスマホルダーの方が使い勝手がよいと思います。

 とは言え、防水対策は必要です。そこで、私が導入しているのが画像のように調理用ラップでiPhoneをくるむこと。これなら画面の見やすさやタッチの反応も損なうことなく、簡単にスマホを防水仕様にできます。必要に応じてヘッドホンジャックや充電コネクタを露出することも簡単。薄いので熱がこもりにくいのだと思いますが、私自身は最高気温35度以上の炎天下でも何の問題も起きませんでした。高温に弱い機種なら、一部だけめくれば良いでしょう。

 欠点は強度が弱く破れやすいことですが、価格も超安価ですし、予備を携行しても少しも荷物になりません。

※スマホルダーの商品情報は下記をご覧ください

B.free スマホルダー: 希望小売価格1,300円+税

この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Facebook にシェア
GREE にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - スマホの防水対策
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る
Pocket

Back to Top ↑
Get Adobe Flash player