バイクビデオ新作:ツール・デ・フランドル 2014 DVD

TDV24586D_2

  • タイトル:ツール・デ・フランドル 2014 DVD
  • 希望小売価格:4,800円+税
  • 品番:DVJSF14
  • ジャンル:ロードレース
  • 収録時間:約220分予定
  • 発売日:2014年09月17日発売
  • 言語:日本語
  • 制作:ジェイ・スポーツ

 

~ 北のクラシックは今年も石畳、そして激坂・・・。“珠玉のワンデーレース”を制するのは誰だ! ~

101回目の“ロンド”は長い伝統を誇りつつ大胆にも再びコースに手を入れた。2年前にはゴール地をツール・デ・フランドル博物館の建つウーデナルドに変更、大会のシンボル的存在だった「ミュール(グラモンの壁)」は惜しまれつつもコースから姿を消した。

そして同じく2年前に導入され、賛否両論だった後半の“周回コース”は今大会から撤廃、勝負地となるオウデ・クワレモントを3度通過する曲がりくねった道のりが選手たちを苦しめる事となった。

全長259kmの長距離戦は109km地点のオウデ・クワレモントから突如として難易度を増す。以来、17の激坂(うち10の石畳)と、6の平地石畳ゾーンが、じわじわとプロトンをふるいにかけていく。

勝負が最初に大きく動くのは、おそらく215km地点のコッペンベルフ。超激坂+荒れた石畳で、位置取りを間違えると、即、命取りとなる。なにしろあまりにも勾配が厳しすぎて、自転車を担いで上がる選手さえ存在するほど!もちろん最後に勝負が決まるのは、今も昔も変わらず、オウデ・クワレモント→パテルブルフと続くラスト2つの激坂だ。 本当に強い男だけが勝つことを許されたツール・デ・フランドル。

今年のクラシックレースの頂点を極めるのは一体誰なのか!

【解説】栗村修  【実況】永田実

※商品仕様は予告無く変更となる場合がございます。
※ご購入はユニコ販売店でのご予約をお薦めします。

 


この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バイクビデオ新作:ツール・デ・フランドル 2014 DVD
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player