All Japan Mountain Cycling in Norikura
19 May. 2013,Tour of Japan (Sakai stage)
1 Sep. 2013,All Japan Mountain Cycling in Norikura
19 May. 2013,Tour of Japan (Sakai stage)
29 Sep. 2013,Asuka Nara
May. 2013,Awaji island
Mar. 2013,Awaji island
15 Jun. 2014,Kawachi-Nagano Osaka
Mar. 2013,Awaji island
May 2011 in Onomichi
May 2011,Shimanami-sea-road
AKSLEN COBRA
May 2011,Shimanami-sea-road
7 Sep. 2014,All Japan Mountain Cycling in Norikura

お母さんの味方!自転車&ベビーカー!

Stroller.jpg

EnjoyBikeguy管理人トクチです。最近オモシロ自転車や乗り物を見てて楽しくなるのですが、今回は自転車とベビーカーが一緒になった乗り物を紹介させて頂きます。

その名も「Taga Bike-Stroller 」です!子供を持つ親の味方になる乗り物で、ベビーカーとしても使え、チャイルドシート付きの自転車としても使えるそうです。変形に要する時間はたったの20秒だとか…

(さらに…)

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お母さんの味方!自転車&ベビーカー!
LINEで送る
Pocket


週末トレーニングコース [風吹峠]

140517_085154.jpg

 Bikeguy管理人ヒサユキです。このところツーリングイベントが続いていましたが、先週末は久々に友人との午前中トレーニングライドに戻りました。

 体調がもう一つなので、コースは 成り行き任せ 臨機応変に。山沿いを適当にジグザグと西進し、久々に大阪府道(和歌山県道)63号線風吹峠に上ってみました。

 以前、和歌山側から超えた時は、通行量が多く、砕石場のダンプカーも走る埃っぽさに閉口し、何年も敬遠していました。最近、かなり整備されたとの話を聞いて、試しに覗いてみることにしました。

140517_083513 ところが、バイパスを上り始めてすぐの金熊寺1号トンネルは自転車通行禁止。いきなり出鼻を挫かれましたが、少し戻って旧道を上ると川沿いの静かな道で気持ちのいい区間でした。そう言えば、以前もこちらを通ったような気がします(逆方向ですが)。

140517_084040 残念ながら、気持ちのいい旧道区間はすぐに終わり、交通量の多いバイパスに合流。この後は次々通る車に追われながらの上りでしたが、傾斜が緩いのでふらつくこともなく、さほど恐怖感はありません。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末トレーニングコース [風吹峠]
LINEで送る
Pocket


自転車の左側通行について

warning.jpg

koutuuhou_img01Bikeguy管理人トクチです。先日帰宅していると、目の前で自転車同士の接触がありました。交差点等ではなく、左側通行の自転車と逆走(右側通行)している自転車の接触事故でした。踏み切り近くで片側1車線の決して広くない道路で、自転車が走行していたら自動車は逆車線にはみ出さないと追い抜けない様な道だったので、自動車に気を取られて衝突してしまったのだと思います。

当然狭い道なら自動車・自転車・歩行者の接触事故等は少なからず発生してしまうと思いますが、今回の件は自転車同士の接触で片方が逆走していた事が問題です。

(さらに…)

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自転車の左側通行について
LINEで送る
Pocket


週末ツーリングコース [小豆島]

140510_135405.jpg

140510_092905 Bikeguy管理人ヒサユキです。先週末は小豆島へ。

 毎年5月にノリクラ仲間と行っている一泊ツーリングですが、昨年の淡路島に続いて瀬戸内海の島に渡りました。

 何本かある航路のうち、本土の姫路と小豆島の福良港を結ぶフェリーに乗船。4月に就航したばかりの新造船はピカピカで、施設も充実していました。

140510_115715 1日目は福良港から寒霞渓に上りました。昼前に小豆島に上陸し、まずは穴子丼。店内には新城幸也選手のサインも!

140510_135405 昼食を摂ってから、いよいよスタート。平地区間がほとんどなく、食後にいきなりの上りはなかなかコタえました。寒霞渓は快晴の空もあって、予想をはるかに上回る絶景。

 自転車乗りは、一回くらい上っておかないと損です。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末ツーリングコース [小豆島]
LINEで送る
Pocket


RACEONE ~純イタリア製サイクルアクセサリー~

r1fact03.jpg

r1fact01 弊社が日本総代理店になっている自転車アクセサリーメーカーRACEONE(レースワン)は、開発から製造まで一貫してイタリア国内で行っています。

r1fact02 イタリアは今まさに開催されている世界2大ロードレースのひとつ、ジロ・デ・イタリアの舞台です。自転車レースの本場中の本場だけに、自転車を理解した開発者が多く、テスト環境にも恵まれています。

r1fact03 これにより実戦的な機能性と洗練されたデザイン、そして高品質を兼ね備え、プロ選手に最高の結果をもたらす画期的な商品を生み出しています。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - RACEONE ~純イタリア製サイクルアクセサリー~
LINEで送る
Pocket


Bikeguy バイクライトホルダー ~偽物にご注意下さい~

blhfake02.jpg

blhfake01このほど、通信販売などで「Bikeguy バイクライトホルダー」の偽物が流通していることが判明いたしました。

一例としてAmazon.co.jpに出品している海外業者が、機能の劣る商品を「Bikeguy バイクライトホルダー」と称して販売していたことを実地検証にて確認いたしました。

ユーザーレビューでも強度不足を指摘する意見などが上げられており、偽物の使用はユーザー様にご不便をお掛けする恐れがございます。同商品を注文されたユーザー様は当記事をご確認頂き、偽物が納品された場合は購入業者に返品して下さい。

正規商品には必ず弊社のパッケージが付属しています。真偽とは別の問題ですが、海外業者の中には納入までに長期間(約一ヶ月)を要する場合もあります。国内の信頼の置ける業者からご購入されることをお薦めいたします。

弊社としても不正規商品に対しては断固たる態度で望む所存ですが、海外業者については社名などを変えて次々と出品する例もあるようです。ユーザー様におかれましても充分な注意をお願い申し上げます。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Bikeguy バイクライトホルダー ~偽物にご注意下さい~
LINEで送る
Pocket


ウォーキングバイシクル

img_45742_3.jpg

img_45742_1Bikeguy管理人トクチです。以前ブログで「nbike(エヌバイク)」を紹介させて頂きましたが、今回は少し似たコンセプトだと感じた「ウォーキングバイシクル」を紹介させて頂きます。

5月3日から開催された「自転車博覧会」で出ていたそうなので見られた方もいらっしゃるとは思いますが、似たコンセプトと言うのは両者ともペダルを漕ぐのではなく、キックボードの様に地面を蹴るのでもなく、ペダルを踏んで走る乗り物という所が共通点です。

イメージとしてはジムやエクササイズなどで使われている、足踏みマシン?(名称が分かりません…)を外でやりながら走れ、移動手段として使える物のようです^^

(さらに…)

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウォーキングバイシクル
LINEで送る
Pocket


週末ツーリングコース [ビワイチ改め湖東ライド・サイクルトレイン]

140503_154044.jpg

 Bikeguy管理人ヒサユキです。ゴールデンウィークは今年もサイクルショップさんのイベントでびわ湖に行ってきました。

140503_104534 幸か不幸か中学生になった娘が付き合ってくれなくなりましたので、今回はポタリング班でなくビワイチ班に入って、近江八幡運動公園をスタートして北湖(琵琶湖大橋より北側)を一周する・・・予定だったんですが、渋滞でスタートが遅れて賤ヶ岳を目標に北上するプランに変更になりました。

140503_122418 スタートが遅れただけでなく、この日のびわ湖岸には強い比良おろしが吹き付け、前進は苦難の道程となりました。斜め前方からの突風に真っ直ぐ走ることもままならず、車道左側を走行するのは危険なほどでした。誰も遅れることなく一団になっていたので、今日のメンバーは健脚ばかりと思っていました。が、後で聞くとみんな内心はペースを落とすなり、内陸に入ることを望んでいたようでした(^_^;)。負けず嫌いな方ばかりだったのは確かなようです。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末ツーリングコース [ビワイチ改め湖東ライド・サイクルトレイン]
LINEで送る
Pocket


ブログ内検索

デジタルカタログ

カタログVol.20←クリック!
別ウインドウで開く場合はここをクリック!

注文書(販売店様用)

注文書No.18←クリック!
パソコンに保存してから印刷してお使いください
別ウインドウで開く場合はここをクリック!

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player