May 2011,Shimanami-sea-road
1 Sep. 2013,All Japan Mountain Cycling in Norikura
May 2011,Shimanami-sea-road
May 2011 in Onomichi
7 Sep. 2014,All Japan Mountain Cycling in Norikura
29 Sep. 2013,Asuka Nara
15 Jun. 2014,Kawachi-Nagano Osaka
All Japan Mountain Cycling in Norikura
Mar. 2013,Awaji island
Mar. 2013,Awaji island
AKSLEN COBRA
May. 2013,Awaji island
19 May. 2013,Tour of Japan (Sakai stage)
19 May. 2013,Tour of Japan (Sakai stage)

B.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E ~スペアパーツ販売開始~

CA5_3B42.jpg

CA5_3B33B.freeロゴB.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E

 新色ネイビーが加わり、冬場も大人気の自転車用ステンレスサーモボトル「B.free クール&ホット500E」。安心してご使用頂くために、消耗パーツ類の別売り販売を開始しました。末長いご愛用をお願い申し上げます。
  • キャップユニット 500円+税
  • パッキンセット 200円+税
  • シリコンプロテクター 300円+税
(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - B.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E ~スペアパーツ販売開始~
LINEで送る
Pocket


週末ツーリングコース [串柿&激坂ツーリング]

131116_140136.jpg

 Bikeguy管理人ヒサユキです。和歌山県かつらぎ町の四郷は晩秋のこの時期、山肌の集落に串柿が吊るされた風景を見ることができます。今年も串柿と激坂を楽しむ(?)ツーリングを実施しました。

 南大阪の自転車乗りだけでなく、神戸や滋賀、栃木からもご参加いただき、合計8名で和泉山脈の山中を上ったり降りたりしてきました。

131116_103944 まず往路は和泉葛城山を越えて和歌山県に入り、いったん紀ノ川沿いの名手駅付近まで下りて昼食。

131116_133120 そこから国道480号線を遡り、平の集落から大久保集落に抜ける間道を上ったのですが、これがわずか1.3kmで高度差200mを駆け上がる平均勾配15.3%の超激坂。

131116_133904 しかも部分的には25%を超える区間も待ち構えており、コンクリート舗装は荒れて、滑りやすい落ち葉が散乱しています。私は二度目の挑戦でしたが、残念ながらあとわずかで無着陸登頂はできませんでした。

131116_140136 短いながら、あの暗峠(国道日本一の傾斜)よりも厳しい難路です。

 結局、全員が「押し」を強いられた激坂に、参加者の方々からは、「予想以上」「お腹いっぱい」「パワハラ」と主催者冥利に尽きる暖かいお言葉を頂きました(笑)。

131116_135130 上った先の大久保集落は一面柿だらけ。道沿いにずらりと吊るされた串柿は、下から見上げるとオレンジ色の帯が青空に浮かんでいるようでした。台風などの影響で柿が不作らしく、例年より少なめではありましたが、迫力は充分です。

131116_140042 時間と参会者の体力を考えて、ここからは予定コースを短縮して直接鍋谷峠に向いました。もっとも、この道もコンクリート舗装の急坂で、鍋谷峠まで標高差300m上って100m下りるという過酷さ。

 大久保の集落は最も串柿が多く吊るされる集落だと思いますが、ここに至る3本の舗装路は全て激坂。自転車では辿り着くのが大変ですが、それに見合う風景が待っています。ぜひ皆さんにも、11月中に訪れることをお薦めします。

詳しくは個人ブログでレポートしています。

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末ツーリングコース [串柿&激坂ツーリング]
LINEで送る
Pocket


寒い時にも「クール&ホット500E」!!

CA5_3B33.jpg

hwam-figaro_2Bikeguy管理人トクチです。つい先日まで暑いと感じていましたが、今は涼しいを通り越して寒い日々が続いており、寒さに苦手な私には厳しい季節が始まりました。。以前、夏はクーラーを使わず保冷材で乗り切ると書かせてもらいましたが、冬も暖房・コタツ等は一切使用せず過ごす事となるでしょう・・・決して寒くない訳ではございません!凄い寒がりですが、自宅にいる時は毛布を羽織ながら過ごしています(笑)

(さらに…)

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 寒い時にも「クール&ホット500E」!!
LINEで送る
Pocket


週末トレーニングコース [和泉葛城山-四郷-鍋谷峠]

131109_105422.jpg

 Bikeguy管理人ヒサユキです。来週個人的にイベントを主催するので、天気が崩れる前の土曜日にコースの一部を下見してきました。

131109_085539 往路は和泉葛城山を越えましたが、最も傾斜の緩い塔原ルートとは言え、尾根上に上る終盤を除けば平均勾配10%の坂が続きます。 今回はちょっとハードなコースが続くので、紅葉を楽しみながらゆったりと上りました。

 山頂に到達すると晴れて眺望がよく、遠くの山並みまで見渡せる一方で、紀ノ川沿いの平地が霞んで神秘的な雰囲気でした。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 週末トレーニングコース [和泉葛城山-四郷-鍋谷峠]
LINEで送る
Pocket


サイクルシェアシステム「スイクル」

suicle-logo.jpg

suicle-bikeBikeguy管理人トクチです。11月3日よりJR中央線の武蔵境駅・東小金井駅周辺で開始されたSuicaを活用したサイクルシェアシステム「Suicle」(スイクル)というシステムがあるそうです。100円から利用でき、11月30日までは「無料お試しキャンペーン」を実施との事です。バスをSuica等で乗車できたり、ICカード(交通系)でのレンタサイクルは地域によっては以前から導入されていましたが、都心部という事もあり注目が集まっています。

(さらに…)

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サイクルシェアシステム「スイクル」
LINEで送る
Pocket


日経MJ(日経流通新聞)に「AKSLEN マグレブ」が掲載されました

mj131104z.jpg

mj131104z 日経MJ(日経流通新聞)2013年11月05日号に「AKSLEN マグレブ」を掲載していただきました。

mj131104a 記事中に記載いただいたように、本体前面を押すだけでオン・オフや点灯モードの切り替えができるので、ヘルメット等に装着してライトが見えない時などでも簡単に操作できます。

 また、シリコンストラップと柔軟な本体により、ハンドル、フォーク、シートポスト、シートステイなどのフレーム各所、ヘルメット等々、様々な場所に簡単に装着できます。

  昇圧・安定回路を内蔵しているので、単四電池1本だけで強力に発光し、電池を使い切る寸前まで明るさが一定なのも特徴です。

詳しくは下記リンク先の商品ページをご覧ください。

■AKSLEN マグレブ: 希望小売価格1,400円+税

Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 日経MJ(日経流通新聞)に「AKSLEN マグレブ」が掲載されました
LINEで送る
Pocket


自転車日和に「RACEONE タイヤレバー」が掲載されました

jb30z.jpg

jb30z 自転車日和VOL.30(10/31発売)に「RACEONE タイヤレバー」を掲載していただきました。

jb30a 各国の国旗をイメージした3色セットのタイヤレバーなのですが、収納ソケットが付属してキーホルダー用の穴も開いており、持ち歩き(見せびらかし?)に便利な仕様です。

 ユニークなだけでなく、もちろん実用性に優れています。強化ポリマー製で、タイヤやチューブを痛めにくく、軽量。タイヤとリムの間に差し込みやすい形状も、さすがバイクスポーツの本場、イタリア製というところです。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自転車日和に「RACEONE タイヤレバー」が掲載されました
LINEで送る
Pocket


B.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E ~保冷・保温性能比較実験(静止画編)~

ch500e_test.jpg

CA5_3B03B.freeロゴ

ch500e_test 自転車用ステンレスサーモボトル「クール&ホット500E」は真空二重構造で優れた断熱性を備えていますが、他のボトルと比較してどの程度の差があるのでしょうか?

 ついては、性能をご理解頂くために、実際に比較実験を行いました。

 左から、ノーマルボトル、P社サーモボトル、スターバックス製タンブラー、クール&ホット500Eの4つのボトルを用意し、Webカメラで1分おきに撮影しました。特に、同じ自転車用のライバルとして、P社のサーモボトルとの差に注目してみます。

(さらに…)
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - B.free ステンレスサーモボトル クール&ホット500E ~保冷・保温性能比較実験(静止画編)~
LINEで送る
Pocket


ブログ内検索

デジタルカタログ

カタログVol.20←クリック!
別ウインドウで開く場合はここをクリック!

注文書(販売店様用)

注文書No.18←クリック!
パソコンに保存してから印刷してお使いください
別ウインドウで開く場合はここをクリック!

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player