サイクルスポーツに「クール&ホット500」他2品が掲載されました

cs1209zサイクルスポーツ9月号(7/20発売)に「B.free クール&ホット500」「B.free スマホルダー」「BIKE’N ROLL CO2カートリッジ16g 1本」を掲載していただきました。

cs1209bサイクルボトルやそれを装着するボトルケージは規格化されているようですが、実はメーカーやモデルによって微妙な差異があります。弾力のあるプラスチックボトルなら大きな問題にはなりませんが、変形しない金属製ボトルではフィッティングがシビアになります。アルミ製などのこれまでの金属製ボトルは、装着できるケージが限定されていました。

「B.free クール&ホット500」は、設計段階で各社のボトルケージを徹底的に検証。くびれの形状や位置を厳密に設計し、底部を斜めにシェイプすることで、ほとんどのボトルケージに対応する汎用性を実現しました。

しかも、真空二重構造の優れた断熱性は、プラ製サーモボトルより何倍も優れています。プラ製サーモボトルの断熱性に不満の方は、ぜひお試しください。

■B.free クール&ホット500: 希望小売価格2,200円+税

 


 

cs1209c「BIKE’N ROLL CO2カートリッジ16g 1本」は、各社のCO2インフレーターに対応するスペアボンベ。汎用性に優れ、手頃な価格なので、これまで以上に気軽にCO2カートリッジを使用できます。

高気圧タイヤも、一瞬のうちに充填できるのが大きな魅力です。 1本でロードタイヤ(700×20C)なら、8.2気圧(115PSI)程度まで充填できます。

■BIKE’N ROLL CO2カートリッジ16g 1本: 希望小売価格300円+税

 


 

cs1209a大人気のスマホルダーは読者プレゼントに登場。大小2サイズのシリコンバンドで、機種を選ばずあらゆるスマホやガラケーを自転車に装着できます。シリコンバンドは、3つのカラーバリエーション。

シリコンバンドの固定力は強力かつ柔軟。ラバーブロックを介して装着するので、対ショック性に優れ、精密機器であるスマホを安心して使用できます。

手放し運転は危険です。スマホルダーで固定して、ナビやスピードメーターなどの便利機能を、安全にご活用下さい。

B.free スマホルダー: 希望小売価格1,300円+税


この記事を書いた人

ヒサユキネット担当/商品開発/営業/経理/雑用係Twitter:@mouko3
自転車歴は30年近く。高校時代の日帰りツーリングに始まり、大学時代は日本中をキャンピング装備で東奔西走。現在は13回連続ノリクラ(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍)出場中。坂好きですが、のんびりツーリングも大好き。現在の主力自転車は、オーダーフレームのクロモリバイク「猛虎四號」。ユニコではネット関連を始め、商品開発、広報、経理から日々の出荷作業まで、雑多な業務に追われる毎日。
Share on Facebook
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サイクルスポーツに「クール&ホット500」他2品が掲載されました
LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

コメントについて

各記事のタイトルをクリックすると、コメント入力が可能な個別ページが表示されます。ご意見、ご感想、活用方法など、ユーザー様同士の情報交換にご活用ください。なお、Opera等、一部のウェブブラウザではご利用いただけません。

カタログ

携帯電話用QRコード


Back to Top ↑
Get Adobe Flash player